HOME単語編中国語のお金の単位の言い方、大写とは?
第5講

中国語のお金の単位の言い方、大写とは?




中国の通貨といえば元というのはおなじみですが、
「角」、「分」と小さな通貨単位もあります。
さらに、同じ単位でも話し言葉と書き言葉では言葉が異なるので注意が必要です。

お金の単位
領収書でよく使われる大写
お金に関する単語




お金の単位

多少 钱
duōshao qián
ドゥオシャオ チィエン
いくらですか?
二十 块 (钱)
èrshí kuài (qián)
アルシィ クァイ (チィエン)
20元です。

中国のお金は人民元「人民币(rén mín bì)」といいます。略称はRMBです。単位は「元(yuán)、角(jiǎo)、分(fēn)」で、会話では元は块(kuài)を角は毛(máo)を使います。元は紙幣には圆と印刷されています。発音は元と同じyuánです。

1元 = 10角 = 100分

金額の後ろに钱(qián)を付けることもあります。


単位が飛ぶときは


三块 四毛 五(分)
sānkuài sìmáo wǔ(fēn)
サンクアイ スーマオ ウゥ(フェン)
3元4角5分
十块 零 七分
shíkuài líng qīfēn
シークアイ リン チーフェン
10元7分

単位が飛ぶとき、要は元の次に分が来るときは、間に零(líng)を入れます。
最後の単位は省略することが出来ますが、零を挟んだときは省略できません。


2の使い分け


二百块
èrbǎi kuài
アルバイ クアイ
2百元
两块 二毛
liǎngkuài èrmáo
リアンクアイ アルマオ
2元2角

2は度量衡やお金の単位で使うときで、先頭にきた場合は「二」ではなく、「两」を使うのが一般的です。ただし十の桁や百の桁では「二」を使うほうが多いです。





領収書でよく使われる大写

中国で買い物をした際に出される領収書「收据(shōujù)」では一、二、三などの数字ではなくかわりに壹、贰、叁という数字が使われることが多いです。前者を小写(xiăoxiě)といい後者を大写(dàxiě)といいます。小写も大写も同じ数字であれば発音も同じです。大写は領収証や契約証など重要な書類でよく使われます。

数字発音小写大写
0líng
1
2èr
3sān
4
5
6liù
7
8
9jiǔ
10shí
100băi
1000qiān





お金に関する単語

お金や紙幣、硬貨を表す言葉や日本円、アメリカドルを表す言葉などお金に関する単語をいくつか紹介します。


钞票
chāopiào
チャオピィアオ
紙幣

硬币
yìngbì
インビィ
硬貨

零钱
língqián
リィンチィエン
小銭

货币
huòbì
メイティエン
「毎日」
日元
rìyuán
リィユゥアン
日本円

美元
měiyuán
メイユゥアン
米ドル

欧元
ōuyuán
オゥユゥアン
ユーロ








スピードラーニング中国語

スピードラーニング中国語では中国語と日本語訳を交互に聞き流すことを何度も繰り返します。そうすると徐々に中国語が聞き取れるようになり、日本語訳がなくても中国語の意味が頭に入ってくるようになります。

リラックスした状態で聞き流せるようBGMにはクラシックが採用されています。実際どのようなものなのかは、無料のお試し用CDで確認が出来ます。中国人スタッフと中国語で会話が出来るサービスもあります。(回数制限有)

スピードラーニング中国語体験談、その価格や効果について




※参考資料


<< 4講:中国語の日付、曜日の表し方 || 7講:中国語の家族の言い方 >>

 サイトTOPへ   単語編TOPへ 
 HOMEへ


最終更新日 2016/12/17
公開日 2004/11/13









Copyright(C)2014 kain All Rights  Reserved
当サイトはリンクフリーです。掲載内容の無断転載はいっさい禁止します。