HOME文法編中国語の助動詞(必要・当然)
第48講

中国語の助動詞(必要・当然)


助動詞は動詞や形容詞の前に置かれ、可能や願望、
当然、必要などを表します。
別名、能願動詞とも言います。

今回は「必要・当然」に付いてみていきます。
必要・当然には「应该(yīnggāi)」「该(gāi)」
「要(yào)」の3つがあります。

应该・该





应该・该
我们 应该 出发 了
Wǒmen yīnggāi chūhā le
ウォメン インガイ チュファ ロ
私たちは出発しなければならない。
我 该 回去 了
Wǒ gāi huíqu le
ウォ ガイ ホゥイチュイ ロ
そろそろ戻らなければならない。
她 不 应该 去
Tā bù yīnggāi qù
ター ブー インガイ チュイ
彼女はいくべきではない。
我们 互相 帮助 是 应该 的
Wǒmen hùxiāng bāngzhù shì yīnggāi de
ウォメン ホゥシィアン バンジュ シー インガイ ダ
私たちが互いに助け合うことは当然のことだ。

「应该(yīnggāi)」「该(gāi)」はどちらも、
「(道理から考えて)~しなければならない・すべきだ」と言う必要・当然を表します。
否定文はどちらも頭に「不」を付けます。
应该の方が意味合いは強いです。

应该、该の違いは、应该は後に述語を伴わずに単独で使うことも出来ると言う点です。
この場合「当然だ、当然そうあるべきだ」などと訳します。





我 要 打扫 房间
Wǒ yào dǎsǎo fángjiān
ウォ ヤオ ダサオ ファンジェエン
私は部屋を掃除しなければならない。
你 不用 打扫
Nǐ búyòng dǎsǎo
ニィ ブーユン ダサオ
あなたは部屋を掃除しなくても良い。

「要(yào)」は「(自発的に)~しなければいけない」と言う意味で、必要・当然を表します。
否定文では「不要(~してはいけない)」は使わず「不用(~しなくてもよい)」を使います。

要はこのほか、願望の助動詞(~したい)、可能性の副詞(~しそうだ)としても使われます。








スピードラーニング中国語

スピードラーニング中国語では中国語と日本語訳を交互に聞き流すことを何度も繰り返します。そうすると徐々に中国語が聞き取れるようになり、日本語訳がなくても中国語の意味が頭に入ってくるようになります。

リラックスした状態で聞き流せるようBGMにはクラシックが採用されています。実際どのようなものなのかは、無料のお試し用CDで確認が出来ます。中国人スタッフと中国語で会話が出来るサービスもあります。(回数制限有)

スピードラーニング中国語体験談、その価格や効果について




※参考資料


<< 47講:中国語の助動詞(願望) || 18講:中国語の副詞1 >>

 サイトTOPへ   文法編TOPへ 
 HOMEへ







スピードラーニング中国語体験談、その価格や効果について


Copyright(C)2014 kain All Rights  Reserved
当サイトはリンクフリーです。掲載内容の無断転載はいっさい禁止します。