HOME文法編中国語の動量詞
第42講

中国語の動量詞


今回はすでに時態(経験)でも取り上げた動量詞について、あらためてくわしくみていく事にします。

動量詞とは
借用した動量詞
動量詞と目的語の位置




動量詞とは
我来过两次
Wǒláiguoliǎngcì
ウォライグゥオリィアンツゥ
私は二回来たことがあります。
你来一下儿
Nǐláiyíxiàr
ニーライイーシィアル
ちょっと来てください。
看两遍书
kànliǎngbiànshū
カンリァンビエンシュ
本を二度読む。
打他两顿
Dǎtāliǎngdùn
ダーターリァンドゥン
彼を二度殴る。

動量詞とは述部の後ろについて動作や行為の回数を表すための量詞です。


代表的な動量詞
次、回
cì、huí
ツー、ホゥイ
一般的な動作の回数を数えます。

biàn
ビエン
はじめから終わりまでの動作を数えます。

dùn
ドゥン
「食事、けんか、説教」など一定時間かかる動作を数えます。
下儿
xiàr
シアル
瞬間的な動作を数える。
「ちょっと~する」の意味。

tàng
タン
往復する動作を数える

cháng
チャン
闘争・事故・降雨・降雪などを数える。

chǎng
チャン
試合・試験・芝居・映画など特定の場所で
行われる行為を数える。

zhèn
ヂェン
拍手・突風・にわか雨など比較的短時間で
収束する事態を数える

fān
ファン
調査や説得など比較的時間と労力のかかる行為を数える。





借用した動量詞
看一眼
kànyìyǎn
カンイーイエン
ひとめ見る。 踢一脚
tīyìjiǎo
ティイージィアオ
一回蹴る。
打一拳
dǎyìquán
ダーイーチュアン
一発殴る。 咬一口
yǎoyìkǒu
ヤオイーコウ
一口咬む。
方一枪
fàngyìqiāng
ファンイーチィアン
一発撃つ。 砍一刀
kǎnyìdāo
カンイーダオ
一回切りつける。
打一棍子
dǎyígùnzi
ダァイーグンズ
棒で一発殴る。 抽一鞭子
chōuyìbiānzi
チョウイービィエンズ
鞭で一回引っぱたく。

動量詞には身体部位や道具などを表す名詞を借用して動量詞として用いるものもあります。上記がその一例です。ただしこれらは慣用的・固定的なもので自由に創作することはできません。
たとえば踢一脚(tīyìjiǎo)踢一右脚(tīyíyòujiǎo)といったり、踢一皮鞋(tīyìpíxié)といいかえたりすることはできません。





動量詞と目的語の位置
動量詞に目的語がつく場合は、目的語の種類によって次のように置かれる位置が決まります。

目的語が普通の名詞
前天、我们看了一场电影
qiántiān、Wǒmenkànleyíchǎngdiànyǐng
チィエンティエン、ウォメンカンライーチャンディエンイン
昨日私達は映画を見ました。
今天下了好几阵雨
jīntiānxiàlehǎojǐzhènyǔ
ジィンティエンシィアラハオジィヂェンユイ
今日は何度も雨が降ったり止んだりした。

目的語が普通の名詞の場合は「動量詞+目的語」の順となります。


目的語が人称代名詞の場合
我以前在哪儿见过她一次
Wǒyǐqiánzàinǎrjiànguotāyícì
ウォイーチィエンザイナールジィエングゥオターイーツー
私は以前どこかで彼女に1度あったことがあります。
我看了他一眼
Wǒkànletāyyìyǎn
ウォカンラターイィイェン
私は彼をひとめ見た。

目的語が人称代名詞の場合は「目的語+動量詞」の順となります。


目的語が固有名詞の場合
我去过一次美国
Wǒqùguoyícìměiguó
ウォチュイグゥオイーツゥメイグゥオ
私はアメリカに一回行ったことがあります。
下个月我要去北京一趟
xiàgeyuèwǒyàoqùběijīngyítàng
シィアグユエウォチュイベイジィンイータン
来月私は北京に一度行って来なければなりません。

目的語が人名や地名など固有名詞の場合は「動量詞+目的語」の順でも 「目的語+動量詞」の順でも構いません。








スピードラーニング中国語

スピードラーニング中国語では中国語と日本語訳を交互に聞き流すことを何度も繰り返します。そうすると徐々に中国語が聞き取れるようになり、日本語訳がなくても中国語の意味が頭に入ってくるようになります。

リラックスした状態で聞き流せるようBGMにはクラシックが採用されています。実際どのようなものなのかは、無料のお試し用CDで確認が出来ます。中国人スタッフと中国語で会話が出来るサービスもあります。(回数制限有)

スピードラーニング中国語体験談、その価格や効果について




※参考資料


<< 25講:中国語の可能補語 || 43講:中国語の時量補語 >>

 サイトTOPへ   文法編TOPへ 
 HOMEへ







スピードラーニング中国語体験談、その価格や効果について


Copyright(C)2014 kain All Rights  Reserved
当サイトはリンクフリーです。掲載内容の無断転載はいっさい禁止します。