HOME文法編中国語の兼語文
第36講

中国語の兼語文


今回は前回と同様2つ以上の動詞からなる文である兼語文について見て行きます。連動文との違いは動詞の主語がそれぞれ異なるという点です。

兼語文とは
兼語文一覧
使役・受身の兼語文




兼語文とは
他请
Tāqǐng nǐ qù
ターチン ニィ チュイ
彼はあなたに行くようお願いする。

兼語文では前半の文章では目的語に、後半の文章では主語にと、ひとつの単語が2つの役割を兼ねる事からこの単語を兼語といい、このような文章を兼語文と言います。
上の例では「你」が兼語に当り、前半では目的語「あなたにお願いする」に、後半の文では主語「あなたは行く」になります。






兼語文一覧
我送你回家吧
Wǒsòngnǐhuíjiāba
ウォソゥンニィホゥイジィアバ
あなたが家に帰るのを送りますよ。
我催他快去
Wǒcuītākuàiqù
ウォツゥイタークゥアイチュイ
私は彼が早く行くよう促した。
妈妈要我跟你结婚
Māmayàowǒgēnnǐjiéhūn
ママヤオウォゲンニィジィエホゥン
母は私が彼と結婚してほしがっている。

兼語文で使われる動詞にはさまざまなものがあります。ここでいくつかの参考例とよく使う動詞の活用例を紹介します。


「给」
给我看看
gěiwǒkànkàn
ゲイウォカンカン
私に見せて。
给我尝尝
gěiwǒchángcháng
ゲイウォチャンチャン
味見させて。

これはすこし訳し方がややこしくなります。「给」はここでは動作の対象を表す介詞「~に、~へ」ではなく 動詞で「あたえる」と訳します。上の文は「私に与えて」、「私は見る」と言う2つの文か らなり、これをひとつにすると「私に見させる」と訳すことが出来ます。これも兼語文の一種です。


「帮」
我每天帮妈妈做饭
Wǒměitiānbāngmāmazuòfàn
ウォメイティエンバンママズゥオファン
私は毎日母がご飯を作るのを手伝います。
你帮我问一下?
Nǐbāngwǒwènyíxià
ニィバンウォウェンイィシィア
かわりに聞いてくれませんか?。

「帮」は通常「~手伝う」と訳しますが、内容によっては手伝うことがイコール変わりにするとなる事があります。これは文章から判断します。


「请」
他请你去
Tāqǐngnǐqù
ターチンニィチュイ
彼はあなたに行くよう頼みました。
她请我吃饭
Tāqǐngwǒchīfàn
ターチンウォチーファン
彼女は私を食事に招待しました。
他还不请我喝茶呢
Tāháibùqǐngwǒhēcháne
ターハイブゥチィンウォホーチャーヌ
彼はまだ私にお茶を御馳走してくれてないよ。

「请」には「お願いする」、「招く」、「もてなす」の3つの意味があります。


「有」
有人来了
Yǒurénláile
ヨウレンライラ
誰かきた。
我有个弟弟在北京工作
Wǒyǒugedìdizàiběijīnggōngzuò
ウォヨウゴディディザイベイジンゴゥンズゥオ
私には北京で働く弟がいます。

この「有」は存在表現の有で「~がいる」「~がある」と訳します。上の文では「人」が有の目的語でありその後の文章の主語でもあるので兼語文となります。「~する人がいる」と言った訳仕方をします。






使役・受身の兼語文
他被大家说服了
Tābèidàjiāshuōfúle
ターベイダァジィアシュゥオフゥラ
彼はみんなから説得されました。
我叫白同学去接他
Wǒjiàobáitóngxuéqùjiētā
ウォジィアオバイトゥンシュエチュイジィエター
私は白さんに彼を迎えに行かせました。
艰辛使人进步
Jiānxīnshǐrénjìnbù
ジィエンシィンシィレンジィンブゥ
苦労は人を進歩させます。

受身文や使役文も兼語文の一種として代表的なものです。参考例をいくつか掲載しますが詳しくは以下のページをご覧ください。

受け身使役








スピードラーニング中国語

スピードラーニング中国語では中国語と日本語訳を交互に聞き流すことを何度も繰り返します。そうすると徐々に中国語が聞き取れるようになり、日本語訳がなくても中国語の意味が頭に入ってくるようになります。

リラックスした状態で聞き流せるようBGMにはクラシックが採用されています。実際どのようなものなのかは、無料のお試し用CDで確認が出来ます。中国人スタッフと中国語で会話が出来るサービスもあります。(回数制限有)

スピードラーニング中国語体験談、その価格や効果について




※参考資料


<< 35講:中国語の連動文 || 27講:中国語の処置文 >>

 サイトTOPへ   文法編TOPへ 
 HOMEへ







スピードラーニング中国語体験談、その価格や効果について


Copyright(C)2014 kain All Rights  Reserved
当サイトはリンクフリーです。掲載内容の無断転載はいっさい禁止します。