HOME文法編中国語の修飾の(的)
第14講

中国語の修飾の(的)


名詞や動詞、形容詞が名詞にかかって連体修飾語を作るときには、 「的」を使います。
今回はその用法について解説します。

名詞 + 名詞
形容詞 or 動詞 + 名詞
「的」が不要な場合




名詞 + 名詞
我 的 书
Wǒ de shū
ウォ ダ シュー
私の本
这 是 谁的 帽子?
Zhè shì shéide màozi
ジョー シー シェイダ マオズ
これはだれの帽子ですか?
是 我的
shì wǒde
シー ウォダ
これは私のです。

「的(de)」は、名詞と名詞の間に付いて、連体修飾語を作ります。
後ろに来る名詞(被修飾語)は文脈からそれが明らかな場合は、省略することが出来ます。
省略する場合は「~の、~のもの」と訳して、名詞化されます。


「的」がいらないケース
我 爸爸
Wǒ bàba
ウォ ババ
私の父
我们 国家
Wǒmen guójiā
ウォメン グオジア
私達の国
中文 报
Zhōngwén bào
ジゥンウェン バオ
中国語の新聞

名詞と名詞の関係が「親族」や「所属」、「属性」のように密接で不変な場合は、
「的」をつける必要はありません。






形容詞 or 動詞 + 名詞
好看 的 花
hǎokàn de huā
ハオカン ダ ホア
美しい花
我买 的 书
Wǒmǎi de shū
ウォマイ ダ シュー
私の買った本
他唱 的 是 什么歌?
Tāchàng de shì shénmegē
ターチャン ダ シー シェンモガ
彼の歌ったのは何の歌ですか?

形容詞や動詞が名詞を修飾する場合は、間に「的」を付けます。
この場合も的の後ろの名詞を省略することが出来ます。
省略した場合は「~の、~のもの」と訳して名詞化されます。






「的」が不要な場合
指示詞・数量
这 三本书
Zhè sānběnshū
ジョー サンベンシュー
この三冊の本。
很多 学生
hěnduō xuésheng
ヘンドゥオ シュエション
多くの学生。

数量を表す言葉や、次講で解説する指示詞が名詞にかかるときには、
「的」は必要ありません。


熟語的なもの
好人
hǎorén
ハオレン
善人
新书
xīnshū
シンシュー
新刊本

一部の形容詞では、名詞に直接かかるものもあります。
これらは熟語的に覚えておくと良いです








スピードラーニング中国語

スピードラーニング中国語では中国語と日本語訳を交互に聞き流すことを何度も繰り返します。そうすると徐々に中国語が聞き取れるようになり、日本語訳がなくても中国語の意味が頭に入ってくるようになります。

リラックスした状態で聞き流せるようBGMにはクラシックが採用されています。実際どのようなものなのかは、無料のお試し用CDで確認が出来ます。中国人スタッフと中国語で会話が出来るサービスもあります。(回数制限有)

スピードラーニング中国語体験談、その価格や効果について




※参考資料


<< 17講:中国語の介詞2 || 38講:中国語の修飾の(地) >>

 サイトTOPへ   文法編TOPへ 
 HOMEへ







スピードラーニング中国語体験談、その価格や効果について


Copyright(C)2014 kain All Rights  Reserved
当サイトはリンクフリーです。掲載内容の無断転載はいっさい禁止します。