HOME文法編中国語の発音(声調)、四声やピンインについて
第1講

中国語の発音(声調)、四声やピンインについて


中国語で一番に大変なのが発音です。日本語とは違い非常に複雑です。中国語が難しいといわれる理由のひとつでもあります。

まずは声調の基本について学習して行きます。

音節について
声調
軽声
声調の変化
声調符号の位置




音節について
中国語は全て漢字で表記されます。一つの漢字の発音が一音節となります。発音はピンイン[拼音:pīn yīn]と四声で表されます。拼音は発音のローマ字表記のことです。一音節は声母(せいぼ)と韻母(いんぼ)で構成されます。声母とは頭につく子音のことです。韻母は頭につく子音以外の部分で母音も韻母に含まれます。母音と子音については以下で詳しく解説します。この韻母はさらに介音、主母音、尾音という3つの母音に分けられます。

中国語の発音(母音)
中国語の発音(子音)

例を出して説明すると、例えば教[jiào]の場合は[j]が声母で、[iào]が韻母です。さらに[iào]の[i]は介音で[à]は主母音、[o]は尾音となります。いくつかの例をあげてみましょう。

声母韻母
介音主母音尾音
啊[ā]ā
麻[má]má
好[hăo]hăo
小[xiăo]xiăo





声調
中国語の発音には、高低と上がり下がりのアクセントという二つの要素があり、これを「声調」といいます。声調は4種類あるので「四声」と呼ばれています。声調符号はピンインの頭につけられます。


第一声

[ ā ]
(高くて平ら)
船の汽笛が「ボー」となる感じで、音が最後まで一定
第二声

[ á ]
(上がり調子)
「え~」と驚くときのように
第三声

[ ă ]
(低くおさえる)
「あ~あ」とため息をつくような感じ
第四声

[ à ]
(下がり調子)
カラスの「カー」という泣き声のように





軽声
軽声とは本来持つ声調がなくなり、前の発音に続けて、軽く短く発音されます。声調符号はつけません。軽声になる語句にはいくつかの法則があるので解説します。









同じ名詞が2つ重なる場合

爸爸[bàba]
お父さん
妈妈[māma]
お母さん



同じ動詞が2つ重なる場合

この場合は重ね式となり「ちょっと~する」という意味になります。くわしくは重ね式で解説しています。

看看[kànkan]
ちょっとみる
等等[děngdeng]
ちょっと待つ



発音は同じだが単語の意味が異なるもの

同じ単語でも語気助詞になるかならないかで意味が変わるものが有ります。意味を区別するために語気助詞が使われているわけです。

买卖[măimai]
商売
买卖[măimài]
売り買いする
东西[dōngxi]
品物
东西[dōngxī]
東西



助詞や語気助詞として使われる場合

的[de]、地[de]、了[le]、吧[ba]、吗[ma]、呢[ne]



名詞の接尾辞部分

接尾辞とは単語をあらわすのに使われる言葉でそれ自体には意味は有りません。もともとは[椅]や[枕]などは単音節で使われていたのですが、語調を整えるために[子]や[头]などの接尾辞が添えられるようになりました。現在では単音では使わず接尾辞を付加した形で用いられます。

椅子[yǐzi]
イス
枕头[zhěntou]
我们[wǒmen]
私たち



単語の後ろについて方位を表す場合

房间里[fángjiānli]
部屋の中
桌子上[zhuōzishang]
テーブルの上
过来[guòlai]
やってくる



量詞の个

三个[sānge]
3個
这个[zhège]
これ





声調の変化
3声が2つ以上連続する場合

3声が2つ以上続く場合は最後の単語以外は2声へと変化します。


1).2つ連続する場合 → [ 第二声 + 第三声 ]

nĭ hăo
你 好
ní hăo
你 好


2).3つ連続する場合 → [ 第二声 + 第二声 + 第三声 ]

wǒ yě yǒu
我 也 有
wó yé yǒu
我 也 有


3).4つ連続する場合 → [ 第二声 + 第二声 + 第二声 + 第三声 ]

wǒ yě hěn xiăo
我 也 很 小
wó yé hén xiăo
我 也 很 小



[ 第三声 + 第一・二・四声・軽声 ] → [ 半三声 + 第一・二・四声・軽声 ]

第三声

半三声


hăo wán
好 玩
bĕi jīng
北 京



[ 不 bù ]  bù + 第四声 → bú + 第四声

不[bù]は本来は四声ですが、後ろに続く単語も四声の場合は声調が二声へと変化します。


bù shì
不 是
bú shì
不 是



[ ― yī、七 qī、八 bā ]

一[yī]、七[qī]、八[bā]は本来は第一声ですが、後ろに来る単語の声調により声調が変化します。うしろに第四声がくれば一、七、八は第2声となります。また个[gè]のように第四声から転じて軽声となったものが後ろについた場合も第二声となります。いっぽうで第一声、第二声、第三声がくれば一、七、八は第四声となります。


1). [ yī qī bā + 第四声 ] → [ yí qí bá + 第四声 ]

yī gòng
一 共
yí gòng
一 共

bā yuè
八 月
bá yuè
八 月

qī ge
七 个
qí ge
七 个


2). [ yī qī bā + 第一・二・三声 ] → [ yí qí bá + 第一・二・三声 ]

yī nián
一 年
yì nián
一 年

qī diăn
七 点
qì diăn
七 点


3).同じ動詞に囲まれた場合は軽声になる

tīngyītīng
听一听
tīngyitīng
听一听

xiàoyīxiào
笑一笑
xiàoyixiào
笑一笑



形容詞の重ね式

形容詞は重ねて使うと本当に、たいそうといった強調表現となります。連用修飾語として動詞を修飾する場合は後ろに儿(地)をつける必要が有ります。地は省略できます。儿をつける場合は後ろの形容詞は声調が第一声に変化します。こちらもくわしくは重ね式で解説しています。

好好儿[hăohāor]
きちんと
慢慢儿[děngdeng]
ゆっくりと





声調符号の位置
声調符号は次講に出てくる母音の中の主母音の上につけられます。主母音とは母音の中で最もはっきりと発音するもので、大きさ順にa→o→e→i→u→üという順番になります。

1). [ a ]があれば必ずその上につける

2). [ a ]がなければ、[ e ]か[ o ]の上につける

3). [ iu ]もしくは[ ui ]となった場合は後ろにつける

4). [ i ]の上に声調符号をつけるときは上の[・]ははずす





発音は実際に耳にして確認するほうが当然はやく身に付きます。下記のサイトでは辞書機能だけでなく、検索結果のページで音声ファイル付きの例文も掲載されているので、実際の発音を聞いて確認することが出来ます。

・BitEx日中・中日辞書








スピードラーニング中国語

スピードラーニング中国語では中国語と日本語訳を交互に聞き流すことを何度も繰り返します。そうすると徐々に中国語が聞き取れるようになり、日本語訳がなくても中国語の意味が頭に入ってくるようになります。

リラックスした状態で聞き流せるようBGMにはクラシックが採用されています。実際どのようなものなのかは、無料のお試し用CDで確認が出来ます。中国人スタッフと中国語で会話が出来るサービスもあります。(回数制限有)

スピードラーニング中国語体験談、その価格や効果について




※参考資料
話してみたい中国語
辞書なしで学べる中国語の最初歩
CDで覚えるやさしい中国語会話入門
文法から学べる中国語
やさしくくわしい中国語文法の基礎


2講:中国語の発音(母音、複母音、尾母音、アル化音)>>

 サイトTOPへ   文法編TOPへ 
 HOMEへ


最終更新日 2015/11/09
公開日 2004/05/05








スピードラーニング中国語体験談、その価格や効果について


Copyright(C)2014 kain All Rights  Reserved
当サイトはリンクフリーです。掲載内容の無断転載はいっさい禁止します。